COLUMN 婚活中のあなたへ

どっち?☆『愛する幸せ』と『愛される幸せ』

婚活パーティなどに参加をすると、自分が気づいていなかった人から
好意を寄せられることがあります。
「自分のことを想ってくれていたんだ」と嬉しくなる半面、恋愛対象
として意識していなかった事に気づき、後半は少し意識してみようと
思います。
いよいよマッチングカードを書く時、自分がいいと思っている人を書
くのか、それとも想いを寄せてくれた人を書くべきなのか、悩むもの
です。

文豪ヘルマンヘッセは言いました。『愛されることが幸福なのではな
い、愛することこそ幸福だ』と。
しかし、両方ともにいいものではないのでしょうか。
相手を振り向かせるために、一生懸命になるその行為自体、楽しいも
のかもしれませんが、マッチングしなければ、何も起こりません。
『想い、想われ』同時スタートでない限り、相手か自分のどちらかが
先に『想う』のですから、『自分は』だけに固執することなく、好き
になるかどうか受け入れてみるという柔らかさも大事です。
私は婚活に参加される皆さんに『求められる愛もいいものですよ』と
オススメしています。

きっかけをつかみ、相手と出会い、その後に判断する。
愛することは素敵ですが、愛されることも素敵ですね。

ステキな恋愛を♪